デザイナーの健康について

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 
健康がデザイナーの資質のひとつだと
思われる方へ

なんでこんなページがあるのか?
私は1999年に36歳ながら心筋梗塞という
病気で倒れました。
突然です。
自覚症状というか、疲れているとかだるいなど
という事は日常のことで、取り立ててどうこう
いう程に感じていませんでした。
それが一番まずいことだったのですが。
当然その元凶は仕事でした。
そして病気になると、仕事や生活ばかりでなく
人生までリセットされたのです。
でも、いくら人生がリセットされるといっても、
病気などするもんじゃありません。
意志が強力ならば、病気にならなくても
人生は変えられます。
あたりまえですが、健康が一番。
ということで、
デザイナーの健康を守るべく、
知り得た情報をアップしてゆきます。
  肩・腰・眼など・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デザイナーの腰痛…いす編
デザイナーの腰痛…解消編

腰痛といすと…

内科・神経系・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
疲れって何?
痔は座りすぎせい?

健康に過ごすために・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正しい判断は健全なる肉体から

私の事・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実録(苦笑)心筋梗塞

以下続刊乞うご期待

 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
おすすめ関連リンク 健康サーチ 健康と美容のサーチエンジンです。
 
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで500万 将来 余談 MailMag 宣言 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.