デザイナーの腰痛について

 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで500万 将来 余談 MailMag 宣言 
 
 
 
 
デザイナーの腰痛…いす編
デザイナーという職業を続けていると、
皆共通の体の悩みを抱えます。
それは、
なんといっても「腰痛」 ではないでしょうか?
かく言う私も患っています。
季節の変わり目…特に春先の3月中旬ごろ
確実に「腰痛」さんがいらっしゃいます。
これが来るともうダメ。まず、まともに立てない。
歩けない。仕事にならない。
でも、いつもと同じ格好…
いすに座るとマシだったりします。
 




【腰痛】バレリーナやスポーツ選手の腰痛も改善!
古澤式腰痛解消術
 
           
  でもこれが、腰痛の元凶だと言われます。
いすに座ることで椎間板にかかる力は、
立っている時を100とすると、姿勢良くいすに座っているときでも約140!
座ったまま前傾姿勢をとると約180!!となるそうです。
ということは、いすに座って仕事している姿勢が腰痛を呼ぶ状態!
立ってる時の1.8倍の加重ですから、そら腰痛にもなりますわな。

では、立ったままでは仕事ができない、我々デザイナーはどうすりゃいいのか?

腰痛予防はいすに座る時の姿勢がポイントだそうです。
●いすに座る時は良い姿勢で…
1.いすに深く座る。
2.膝関節を直角に曲げる。
3.下肢をまっすぐに伸ばす。
4. 足の裏が床につく。
5.脊筋を伸ばす。
6.肩の力を抜く。
7.下顎部を軽くひく。



これが、最も疲労が少なく、
しかも生理的に自然な良い姿勢だそうです。
さらに、
○太ももの上面が水平であること。
○太ももがイスの座面に圧迫されてないか?
○お尻の位置を、ひざよりわずかに高くする。
などがポイントだそうです。

●腰痛防止のためにベストないすの高さとは?
いすの高さは一番注意が必要です。高すぎると腰がそり、
逆に低いいすは、腰の曲がりを強制して腰の疲労をおこすため、腰痛の原因になります。
そのため、必要なのは自分の体とイスとのマッチングです。
座った時の感覚で決めてもいいのですが、標準的な座面高の求め方があります。
それは、
SH(イスの座面高)=H(あなたの身長)×0.25
となります。
ですから、身長170cmの人でしたら
170×0.25=42.5cmの座面高が基本となります。
 
 
 
 
●イスだけじゃない。机の高さも腰痛に関係してくる?
で当然、イスだけでなく机の高さも重要になってきます。
作業は机の上でしますからね。机の甲板高=キーボードの上面で考えてください。
これも簡単に基本の高さを求める式があります。
DH(机の甲面高)=H(あなたの身長)×0.4 となります。
身長170cmの人であれば、170×0.4=68cmとなります。
ちなみに、長時間作業を基本に考えるのであればこれでもいいのですが、
この数値からマイナス2〜3cmすると、作業能率が上がるそうです。

それから座面にもご注意!
仕事やPC作業の場合はあまり関係ないかもしれませんが、
正座する時、足がしびれないように使う「正座いす」ってありますよね。
あれの小さすぎるやつは、腰痛を引き起こすことがあるようです。
人間の骨盤には座骨というやつがあるのですが(骨盤の下で左右に飛び出している骨)、
正座いすの座面幅より、座骨の左右幅が広い場合があるのです。
感覚で言うと、座ると正座いすをお尻ではさんでしまうような感じ…。
特に女性の場合、男性より約1.5倍広いので気をつけるべしです。
こんな正座いすは、骨盤を左右に広げる力が働いて腰痛を誘発してしまうそうです。
座った瞬間、お尻ではさんでしまうような感じの正座いすならば、
使うのを止めるかもっと座面の広いものと取り替えましょう。
座面幅は16cm以上が目安だそうです。

やはり座ってばかりいるといけません。腰痛予防には1〜2時間に一度
遠くを見るようにします。そしてできればストレッチを行いましょう。
でも…疲れていると、体を動かすことすら億劫ですよね。

また日ごろから、腰をそらさないように注意することが大切です。
立っている時はお腹を突き出さないこと。(これは肥満体にはつらい‥)
腹筋をグッと緊張させて、かるく引き締めた姿勢がよいそうです。
これは、腹筋力が必要です。腹筋も鍛えましょう。
肥満体は、身体が重くて腰痛になるのではなく、いつもお腹を突き出した姿勢が
腰痛の原因になるのです。

腰痛解消編へ→
いすを使った腰痛解消法編
デザイナーの健康についてへ戻る
慣れると手放せない
低反発クッション

おしりにかかる耐圧を均一に吸収・分散して体を支えるから、腰にかかる負担が減るそうです。最初は「ん?」という感じですが、使い出すと手放せない(この場合尻か?)低反発クッションは結構安いので、腰痛防止グッズとしては費用対効果が高いと思います。

腰痛予防に効くいす。
デザイナーの作業で、特にオペレーティングが主になると、ほんとに座りっぱなしです。今や、ネットでなんでも取り出せるものだから、資料本を取りに立つことすら減ってしまいました。そのデザイナーに支持されているいすが、
アーロンチェア iconです。このいすの機能的な部分や、座り心地はよく取りざたされますが、NY近代美術館永久収蔵品という一面があります。ただ腰痛軽減という機能だけでなく「良いデザイン」という付加価値がある。大事な事です。

 
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
 
 
 
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで500万 将来 余談 MailMag 宣言 
 
 
 
 
 
健康サーチ 健康と美容の
サーチエンジンです。
頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛)に負けないために!! WEBアプリケーション開発ホームページ制作
インプロス
 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.