腰痛といす

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで500万 将来 余談 MailMag 宣言 
いすを使った腰痛解消法編
まあなんといっても腰痛にならないためには、
運動を心掛けることです。
筋肉は運動しないと、どんどん弱くなります。
本当に、腰痛に最も効果があるのは
歩くことなんです。
とはいうものの、
それすら時間が取れないというのが
我々デザイナーです。


そこで、今座っているいすを使って
軽い腰痛予防体操を‥

 





【腰痛】バレリーナやスポーツ選手の腰痛も改善!
古澤式腰痛解消術
       
イスを使った体操
●身体を丸めてみる
いすに腰掛けたままだらりと全身の力を抜き、おなかをのぞきこむようにして
上半身を丸めます。その時、両腕は下にダランとさせます。
身体のつっぱりを感じた位置で、そのまま20秒間静止します。
つっぱりが軽く感じてくると思いますので、もう少し上半身を丸め、
そこでまた20秒からだを静止させます。
あくまでも上半身を曲げる事がポイントです。
ただ倒しただけにならないようにします。
それから、呼吸を止めてしまうとリラックスできないので、
呼吸しながら行うようにします。

●膝を抱えて身体を丸めてみる
いすに腰掛けて、片膝を脇の下にかかえ込むようにして胸に引きつけます。
(体育座りの片足状態ですね)上半身は太ももにそって前方に曲げます。
これを両足でまた20秒づつ。

●横に曲げてみる
いすに腰掛けて、腰痛がある側と反対側に上半身を横に曲げます。
そのとき、腰痛がある側の腕を上げて、上半身と一緒に傾けます。
頭上で手をむすび「わ」状態で横に曲げます。
腰の筋肉が伸びて気持ちいいのです。


●ねじってみる
いすに腰掛けて、しびれた脚を上にして膝を組みます。
それを反対側の手で、膝を持って引きます。
上半身は、しびれた脚の側に軽くねじるようにします。
このとき、しびれのある側のおしりの筋肉が突っ張っているようにします。


おまけ:腹筋を強化する体操
先に書いたように、おなかが前にせりだすような姿勢が腰痛を呼びます。
また、背中の筋肉と腹筋の筋力バランスの崩れも、腰痛の大きな要因です。
そのため、腹筋の筋力強化必要となります。
腹筋を強くする体操としては、仰向けでの上半身起こしが指導されてきました。
(いわゆる腹筋というやつですね)
しかし、ふだん運動をしていない人がいきなり腹筋を始めると、
かえって腰痛を悪化させてしまう危険があります。
そこで、安全な腹筋強化のための腰痛体操を紹介します。


●座ったまま腹筋強化
いすに腰掛け、両脚を前に伸ばして太ももの外側の筋肉を緊張させます。
このとき、つまさきを立てます。
またプラスアルファとして、
上記の状態のまま両足を交互に上下させる「ばた足」も効果的です。



デザイナーの腰痛解消編へ→
デザイナーの健康についてへ戻る

 
 
慣れると手放せない
低反発クッション

おしりにかかる耐圧を均一に吸収・分散して体を支えるから、腰にかかる負担が減るそうです。最初は「ん?」という感じですが、使い出すと手放せない(この場合尻か?)低反発クッションは結構安いので、腰痛防止グッズとしては費用対効果が高いと思います。

腰痛予防に効くいす。
デザイナーの作業で、特にオペレーティングが主になると、ほんとに座りっぱなしです。今や、ネットでなんでも取り出せるものだから、資料本を取りに立つことすら減ってしまいました。そのデザイナーに支持されているいすが、
アーロンチェア iconです。このいすの機能的な部分や、座り心地はよく取りざたされますが、NY近代美術館永久収蔵品という一面があります。ただ腰痛軽減という機能だけでなく「良いデザイン」という付加価値がある。大事な事です。まあ値段がアレですが(笑)


 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで500万 将来 余談 MailMag 宣言 
 
健康サーチ 健康と美容の
サーチエンジンです。
頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛)に負けないために!! WEBアプリケーション開発ホームページ制作
インプロス
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.