グラフィックデザインという仕事について
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■デザイナー3年目●クライアントとのつきあい方読本 vol.1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ http://ordinary.jp/

はじめまして。
このメルマガに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
発行者の安西と申します。
このメルマガでは、仕事としてのデザインやクライアントに対して
どう向き合うかなどについてお話したいと考えております。

-----------------------------------------------------------------
仕事でつくったものを作品といわない。
-----------------------------------------------------------------
クライアントの予算と意向で制作したもの。
つまり発注を受けて制作した制作物ですが、
その制作物の着地点(役目)はクライアントの利する所のはずです。
それを作品と呼ぶのはやめましょう。

と、0号のサンプルメルマガで、お話しています。
これについては、
知り合いから「ちょっと引いたぞ」と意見を頂きました。
実際そうだろうなあ。
これ読んで購読登録やめた人もいるやろなあ
…と想像しております。

そこでちょっとだけ補足します。

制作物を作品と呼ぶその心理は、
「これは、私が良いと思って作った、気持ちのこもったものなんだ」
という心理ではないでしょうか?

私はこれを否定しません。いやそれどころか諸手をあげて賛同します。
この心理がないと、我々デザイナーの仕事には価値が見いだせません。
ここが「デザイン価値の基準」だと考えています。

ただし、これには落とし穴がひとつあります。
それは、あなた以外の人が同じ考え方と気持ちで…
つまりあなたの作ったものを「良い」と感じてくれるか?です。

特に利害関係にあるクライアントに対して「良い」といいきれるか?
いいきるだけの根拠があるか?
それを納得(説得ではないですぞ)させられるか?

ここに「作品」と「仕事」の違いがあります。
「作品」は「よかったらどうぞ」(客観的には)ですが、
「仕事」は「これが良いです」と明言しなくてはなりません。

このスタンスを理解していただきたかったのです。

自分が「良い」と思ったものをクライアントとシェアできる。
しかも、クライアントの目的達成という結果までついてくる。


これが私の考える「良い」着地点です。

昔よりデザイナーを取り囲む環境は厳しくなってきています。
そんな中でも「良い仕事」「良い結果」を目指す人に役立つ事を、
これからお届けしたいと考えています。

ではでは。

バックナンバーTOPへ

Adobe製品をオンラインで簡単見積!
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.