デザイナーの仕事について

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■デザイナー3年目●クライアントとのつきあい方読本
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・

--------------------------------------------
ギャランティ=デザイン料について 2
--------------------------------------------
先週からデザイン料についてお話しています。
じゃあ、デザイン料って具体的にいくらにするの?
というところからが今回の始まりです。
今回実際に、ネットで検索して
具体的にデザインの価格表を提示しているところを
少し調べてみました。
 

デザインの対象物は様々なので、
とりあえずロゴ、コーポレートマークに絞ってみました。

ヤフー、グーグルで検索してみると様々な業態が混ざっていますので、
まずデザイン業を基本的な生業とされていそうなところを、主に見てみました。
価格としては、
大体¥35,000ぐらいから¥80,000ぐらいまでが多いようです。
もっともほとんどが最低価格から書かれているので
多分、想像するに¥50,000ぐらいが中心価格帯になるでしょう。

中には、ロゴ作成¥30,000という価格を提示して
「当社はことさら激安を謳うつもりはないので、
これよりも低価格を望まれる方は他社をお探しください云々‥」
とかかれているHPもありました。
私としては十分安い‥というよりすでに価格破壊の先頭に立っている
ぐらいだと思うのですが(笑)。。。

他にも使用料:¥10,000で、
売り渡し価格:¥500,000(!?)という所や
まず、「コンサルティングをするから質問に答えてくれ」という
二段構えのものまで色々とありました。

さて中心価格¥50,000‥安いか高いか。。
ひとつはネットでの価格表示と言う面があります。
ネットでデザイン先を探すという行為は、簡単で手早い方法です。
ですから、ある意味まじめに(というと語弊がありますが)デザインを
望んでいるという部分は弱いような気もします。

そんな場合アピールするのはやはり価格でしょう。
実際にデザインする側の作業量、購入する側の値ごろ感と
そのあたりの折り合いがこの¥50,000になっているのかもしれません。

また、リアルの世界でも
印刷屋に頼めばこのくらいかもしれません。
彼らは印刷機さえ回ればいいのですから、
見かけの制作料はひょっとしたら¥0などと提示するかもしれません。

再度、中心価格¥50,000‥安いか高いか。。
またこれはクライアントの規模の問題もあると思います。
参考としてはJAGDAの料金設定もあります。

このように年間の販促予算を基準に考えることもできますね。
なんだか足元見てるような気がしないでもないですが(苦笑)
クライアント事情も考える必要があるでしょう。
当然のことながら‥
でも商売人は仕入れを徹底的に抑えにかかるのが基本です。

そしてみたび、中心価格¥50,000‥安いか高いか。。
私は絶対的に安い断言します。
その根拠は、個人であれ法人であれこのデザインに
かけられる時間は50,000円分しかないということです。
50,000円分の時間と言うのは何時間でしょうか?

細かい計算は省きますが、
年間売り上げ1000万円を目指すのであれば、
約1日以内で発想・デザイン・制作と納品まで終わらせないといけません。

これから何年も事業を発展させようとしている会社、
もしくは何百、何千万円を売り上げようとする会社の
ロゴマークがたった1日で作られる。。。

これは良いバランスだと思われますか?

でもクライアントが、それしか払わないんだから‥
という声も出そうです。
マーケットに添わなければビジネスが成り立たない。
というのも、ひとつの意見でしょう。

でもここでは相手のことではなく、制作者として考えて欲しいのです。
これは、本当に良いバランスなのでしょうか?
安い仕事は、結局出来上がりもそれなりなんだよ。
だから、安いと言う事で満足するクライアントにはそれなりのモノでいいのさ。。

そうゆうマーケットの中で「良いバランスか?」と言ったところで
価値基準が違うんだから、意味がない話なんだ。。
これは私も思いますし、実際に低価格の仕事に時間をかけていられない
現実もあります。事実、もう少し突っ込んだ方が良くなりそうなものでも
タイムアウトする場合があります。

でも、
今の時代は「本来あるべき姿を実践する」ことが
求められてきていると思います。
しかも、よりシビアに。
次へ続く…


バックナンバーTOPへ
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.