グラフィックデザインという仕事について
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■デザイナー3年目●クライアントとのつきあい方読本 vol.8
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ http://ordinary.jp/
突然尿管結石になってしまいました。
いやあ、聞きしに勝る「痛さ」でした。
そんな事もあったので…
今回はこんなお話を…

-----------------------------------------------------------------
健康と判断力
-----------------------------------------------------------------
レイアウト要素を右に置く。左に寄せる、センターにする。
バックにイメージを敷く、いや色アミにする、はたまた白バックにする。
タイポはこれでいいか?大きすぎやしないか?
撮影プランを練る。段取り、撮ラフ、手配…
大事な事は、商品の表現はこれでいいのか?ということ。
カメラマンがシャッターをきる直前まで被写体を凝視する。
「これでいいのか?」常に問いかける。
どこでOKを出すかも重要だ。
デザインの仕事は判断の連続だ。
しかし冷静で、意識も外を向いた最良の身体状態でないと
最良の判断は下せない。
そう健康でないと、判断がブレるのです。
判断が適切でないと、良いモノは上がりません。
良いモノが上がらないと、仕事が面白くありません。
こうして「辞めたいなあ」という
負のスパイラルへ落ちてゆきます。
その経験者は語ります↓
http://ordinary.jp/futu_d_health.html

健康でないと、正しい判断ができない。
このことを知った人だけが、本気で健康に気を使っています。

後記
尿管結石で、のたうち回ってる時にメルマガの内容を考えました。
もちろん、そんな時余裕もなんもありませんが、
やはり健康が一番と思ってしまったもので…

バックナンバーTOPへ

Adobe製品をオンラインで簡単見積!

 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.