伝える努力について・デザイナーのスタンス

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

伝えたい事が的確に伝わっているか?
伝える努力について。


デザイナーのあなたは今つくっているものを、
見る人はこれでわかるだろう…とか
これぐらい理解するだろう‥
などの期待はしてはいけません。

たとえば、本当に安くて、買って欲しい商品ならば
遠回しに表現せずに「安いから買ってください」という
何のひねりもないキャッチコピーがベストなのかもしれません。
これほどストレートな表現でも裏読みする人がいるぐらいです。
それが現実です。

 

 
デザインの受け手に期待をしてはいけません。
だから、伝えたい事が的確に伝わっているか?
いつも考えるようにしましょう。
私たちデザイナーは「伝える事」が重要な仕事のひとつです。
でも、
「伝えたいことは、伝わらない」が基本だと考える必要があります。
そう考えると、もっと真摯にもっと深く「伝え方」を考えられるようになります。
クライアントの「伝えたい事」を「伝える」ために、
デザイナーは皆努力しています。


デザイナーのスタンスについてへ戻る
 
 
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.