デザイナーの服装1・デザイナーのスタンス

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

デザイナーの服装

デザイナーは何を着るべきか?
皆さんはどんな格好で仕事されていますか?
これ考え出すと結構難しいのです。
この話題は二回に分けてお話します。

昔からデザイナーはラフな(というと語弊がある人もいる)格好をして仕事をしていました。
これは、昔‥

仕事=サラリーマン=スーツ&ネクタイ
という公式とイメージがあり
デザイナーや制作関係の人々は
「リーマン発想で仕事ができるか!」
という意識の元に

サラリーマン→スーツ&ネクタイ
デザイナー→ラフ&カジュアル

となった歴史があります。
(私はそう理解してますが、多分間違いじゃないでしょう)

 

また流行に敏感でないといけないという意識もあり、
こぞって流行の服を着たりもしていました。

これは今もそうですが、
デザイナーは流行の最先端を担うという意識も強く、
姿を見ただけで「あ、そちら系(クリエーター関連)の方‥」という
見分けがつきました。

最近はスタイルがクロスオーバーしてきて‥
というか、かなりカジュアル寄りの方が多く「そちら系」の幅も広がり
一瞥だけでは分からなくなってきましたね。

私は以前、ネクタイもしっかり締めスーツを着込んだ営業マン風なのだけど、
白いシャツのすそを、パンツから全て出していた若い男の子を見ました。
ここまで来ると「なんの職業だろう?」とかいう想像を放棄したくなります。
彼は、なんかヤなことがあったんだろうか?

で、本題のデザイナーは何を着るべきかというお話ですが、
まず、着るものを気にしないデザイナーは
損をしていると思います。

仕事上で見た目(デザイン)を意識しなければならない人が
自分の見た目に気を配らないのは問題でしょう。
だからといって、無理に流行を取り入れたり、
奇をてらった格好とかをする必要はありません。

こう言ってはなんですが、どんな格好でもいいと思います。
必要なのは、デザイナーでない人々が、
デザイナーという人種をどう思ってるか?
を意識することです。

最初は、こう見られたい!と思うスタイルをとればよいと思います。
つまり、「流行に敏感な奴」と思われたいとか、
「センスのいい奴」とみられたいとか、
ユルくてもいいのでテーマを決めて装ってみると、よいかと思います。

そして次のステップは、「戦略的に装ってみる」ことです。
以下次のページ
(大きな期待はしないで下さい。笑)



デザイナーのスタンスについてへ戻る
 
 
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.