選ぶ意味を持つ必要性・デザイナーのスタンス

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

選ぶ意味を持つ必要性

たとえばクライアントから、
この色は他の色に変えてみたら?とか
もっと違った写真はないのかなあ? などと
聞かれた時どうしますか?
もちろん、 デザイナー としてはカチンと
きますが 再度選び直す作業をするでしょう。

ただ、クライアントの要望があまりにも掴みかねる
場合はカラーチャートや素材・リース写真カタログ
などを渡す事があります。
デザイナーの職務を放棄するような対応ですが、
時間がかかって手間ばかり‥
そんな時はこれもよしとします。
まあ、つまり「好きなの選んで!」状態です。

 

 

しかし多くのクライアントは、そう簡単に決められません。
色や写真を選ぶことに没頭し、本業そっちのけでやってたりします。
そして、最後に選びきればよいのですが、時間をかけたくせに 「やっぱり選んでよ」になる事もあります。

なぜ決められないか?
それは、「選ぶ意味=決める意味」を持たないからです。
なぜ、この色?その「決めた意味は?」 なぜ、この写真?その「決めた意味は?」
この「決める意味」がないから選ぶ作業に時間がかかるのです。

極端な事を言うと「決める意味」がデザイン要素のひとつなのです。
選ぶ事にも真摯になりましょう。

たとえば、
クライアントが選んだ色なり、写真なりで 仕上ったデザインは、
大抵くすんでたり、ボケて見えたりしてないですか?
それは、選んだ意味がないからなのです。

そう「選ぶ意味」は見えるのです。

デザイナーのスタンスについてへ戻る
 
 
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.