医者と患者・デザイナーvsクライアント

ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 

医者と患者
ひとしきりプレゼンが終わった後に
「その内容でどの程度効果が見込めるか?」と
聞かれることがあります。
もちろんその効果に対する裏付けデータがあれば、
そのデータを説明する。それでOK。
でも大概「効果は見込めると思う」としか
答えられないでしょう。
変にプレゼン慣れしているクライアントなどは
してやったりという顔をしたりするかもしれません。

そんな時はこんなお話をしてあげてください。
「お医者さんはこんな話をよくされるそうです。
どんな病気でも本人が治りたいと思わなきゃ治らない…
それと同じだと思います。」と。

 


つまり、効果が出るように私は精一杯努力します。
でもあなた(クライアント)自身が効果について疑っていたのでは、
どんな特効薬でも力が半減します…
ということです。

デザイナーは、医師のように相手の生死を決するようなことはありません。
だからその分ずっと気楽にクライアントとつきあえる…
と私は思います。

デザイナーvsクライアントへ戻る
 
 
 
 
メールマガジン 「デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本」
週に一回お届けする、デザイナーに共感を与える メルマガ 。このサイトのエンジンです。
メールアドレス:
 
 
ふつうのデザイン スタンス vsクライアント 健康 おすすめ DTPで稼ぐ 将来 余談 MailMag 宣言 
 
 

Copyright(C)2005 ordinary design all right reserved.